ギャンブル還元率ランキング

ジャンボ宝くじの当選確率

 

ジャンボ宝くじの当選確率は、1/1,000万〜2,000万。計算方法は以下のとおりです。

 

  1. 100,000番から199,999番までの10万通りを1組として、01組から100組までを1ユニットとして販売
  2. つまり10万通り×100組で、1,000万通り
  3. 売上が好調で購入券が1ユニットで間に合わない場合は、2ニット目が発行される。この場合1,000万通り×2=2,000万通り

 

1/1,000万が実際どれくらいの確率かと言えば、東京ドームの収容人数を45,000人だとすると、東京ドーム約222個にひしめき合う人の中から1人が選ばれるのと同じ確率です。まさに当たり買わず夢を買う確率ですね・・・

 

ジャンボ宝くじの賞金は、還元率の関係上販売額や法律改正によって異なりますが、大体1等5〜7億円、前後賞合わせると6億〜10億円とまさに「億万長者」の夢が膨らむ賞金体系になっています。

 

しかし中々当たらないと皆が気づき始めたか年々売り上げは減少気味。肝心の資金源に限りが見え始めて焦る総務省は1等の賞金比重を上げ、高額賞金を謳うもなお減少傾向は止まらない流れです。そもそも比重を変えるんではなく、還元率を上げれば?とは思うのですが、その辺は個人的にはもう期待していません。

ジャンボ宝くじの当選確率記事一覧

宝くじを最も購入する年代は?

みずほ銀行宝くじ部では、平成27年度の1年間に1,000万円以上の当せん金を受け取りに来た高額当せん者(数字選択式宝くじでの当せん者を除く)にアンケートを実施し、そのうち回答いただいた934人の結果を、「平成27年度宝くじ長者白書」としてまとめています。その調査結果元にを「宝くじを最も購入する年代」...

≫続きを読む


トップページ Vera&John W88 Casino Empire Casino お問い合わせ