ギャンブル還元率ランキング

オンラインカジノは「ライセンス管理」

 

そもそもオンラインカジノを運営するにはライセンスが必要になってきます。オンラインカジノのライセンス発行は政府が担い、その後も継続された厳しい監査をオンラインカジノに課します。

 

  • システムが公平に作られているか?
  • 確率に偏りはないか?
  • 実際どのくらい賭けられて、どのくらい払い戻されたのか?
  • マフィア、暴力団など反社会的集団とのつながりはないか?
  • マネーロンダリングの手段になっていないか?
  • 勝ち金の出金はきちんとされているか?

などの項目をカジノ側はライセンス発行時、そして毎年継続的に監査を受けてライセンスを維持します。

 

日本のオンラインゲームのアイテム課金でもレアアイテムの排出率を日本オンラインゲーム協会の自主規制で明示するようになりましたが、オンラインカジノではこれとはくらべものにならないくらい厳格に審査されます。

 

課金の例を仮にオンラインカジノに当てはめると確率明示だけでなく、確率どおりに排出されるようにプログラムが組まれているか、実際にどのくらい課金されてどのくらいレアアイテムが出たか、不正はなかったかなどの項目を第三者機関が監査して政府がお墨付きを与えるというイメージになります。

 

 

通常ライセンスを取得するには半年以上の期間がかかり、飛び込みで運営体制がちゃんと行われているかの検査が入るなど、かなり厳しいチェックが行われているようです。

 

また、ライセンスを取るにはお金もかなりかかります。ライセンスを取得する際にかかるお金と、カジノ運営からの収益の一部をゲーミング税と呼ばれる特殊な税金として納めないといけません。

 

 

何故オンラインカジノ運営会社はここまでお金と時間をかけてライセンスを取得するか?

 

まず正式なライセンスを持って運営していない場合は、合法的な運営と言えず、摘発の対象になります。

 

さらに、オンラインカジノ会社として、正式なライセンスを持つことはプレイヤーに対して公平性や安全性をアピールする最大の要素になります。

 

より条件が厳しいライセンスを取れば取るほど、他の会社よりプレイヤーの保護を重視しているというアピールになるので、ライセンス機関もより厳しく、信頼できるライセンスであり続けるように努めます。

 

オンラインカジノ側でも厳しい検査・高い審査料を払う義務が発生するわけですが、それ以上にカジノの信頼性を担保して健全なビジネスとして発展できることを志向しています。

 

すべてのユーザーがカジノ側の不正に対して敏感で、「このカジノは不正をしているのかな?」と心配しながら遊ぶようではプレーヤーはお金をあまり使わないということも、運営側は熟知しているからです。

 

 

ライセンス発行をになっている政府の例として以下の国があります。

  • ジブラルタル(イギリス海外領土、EU加盟国)
  • マルタ共和国(EU加盟国)
  • フィリピン
  • キュラソー
  • マン島

など、数多く存在する国や地域が提供していて、今では20カ国以上の国がこのようなライセンスを提供しています。

 

このようにライセンスを巡っても既に競争原理が働いており、それぞれの国の信頼に関わることなので不正を断固防ぐ必要があり、その努力が税収にも直結するので、ライセンス発行許可を出すのに時間と労力をかけているわけです。

 

ましてや日本の公営ギャンブルのように各官庁の利権が複雑に絡んでいるわけではなく、カジノゲームの仕組みもそうですが、カジノ運営の根っこの構造も「公平性」が保たれていると言えます。

オンラインカジノのテーマは「信用力」と「公平性」

 

このようにオンラインカジノは、日本のギャンブルのように管轄官庁の利権がべったりという訳ではなく、各々の企業が独立しており、どの企業と組むのも自由です。そのため取引価格も競争価格で正常です。

 

それにこの業界は信用力が第一なので、関連企業が不正をすると自身の企業に悪影響が出るため、各々の企業がお互いに監視し合っているという構造です。

 

またライセンス発行国もお金だけ払えばライセンスを発行するという訳ではなく、これも自身の国のライセンス信用力に影響するため、厳しいチェックを重ねたうえでライセンス発行をしてます。そして、そのライセンス料も競争力が効いているため日本のギャンブルのように高くはありません。

 

そして運営側からしても、不正をして苦労して取得したライセンスを剥奪されるより、公正に運営する方が経営的にリスクがない構造となっています。なにより金融業と同じで一度不正をすれば信用力が無くなるので二度と業界に戻ることができなくなります。

 

このようにお互いが監視をしあう構造のもと「信用力」と「公平性」が保たれています。

 

この「信用力」と「公平性」の土台の上に、還元率の高さとその手軽さから人気も出て、株式市場に上場する企業も増え、今もなお成長産業として着々と市場を拡大しています。

 

まさにユーザー目線に立った仕組みですし、そのため着実にファンを増やしているということです。

オンラインカジノって何!?という方はこちら

 

オンラインカジノと何なのか?どんな歴史があるのか?違法なのか?
そういった様々な基本的な情報をまとめています。
オンラインカジノに興味ある人はぜひ一読頂けると不明点や不安感が無くなると思います。

 

>> 「オンラインカジノ基礎知識」はこちら

※オンラインカジノのコミュニティサイト「オンカジ」に移ります。

 

 

 

 

オンラインカジノのコミュニティサイト「オンカジ」のサイト運営者による質問回答コーナーです。
気になることや、聞いてみたいことなどあれば気軽に質問できるコーナーです。

 

基本他に人も見れる場なので長文や込み入った質問などは
お問い合わせはご利用下さい。

 

「オンカジ」サイト内の記事で気になった事や、
ここがちょっと分からなかったので解説が欲しいなどほぼ何でも回答してくれます(^^

 

>> オンラインカジノ質問コーナーはこちら

※オンラインカジノのコミュニティサイト「オンカジ」に移ります。

 

 

 

■オンラインカジノのコミュニティサイト「オンカジ」■

※高額当選者獲得ニュースも掲載されています!

オンラインカジノの管轄庁記事一覧

キュラソー島 (オランダ領)

( SOWHATの世界旅日記より )キュラソーは、ベネズエラの北約60kmのカリブ海に位置するオランダ王国の構成国です。面積は448km2。人口142,180人(2010年)で、主都はウィレムスタット。キュラソーとはポルトガル語で「聖心」という意味とのこと。キュラソー島のカジノライセンス料などURL...

≫続きを読む

マン島 (イギリス王室属領)

( 海森 寄与師老 の週末 より )グレートブリテン島とアイルランドに挟まれたアイリッシュ海の中央に浮かぶ淡路島ほどの島国で、国家元首に英国女王エリザベス二世を戴く英国王室の属領国。自治権が認められており、独自の法律と議会を持つ。ただし、外交と軍事は英国政府に委任しており、毎年その代金を支払っている...

≫続きを読む

ジブラルタル (イギリス領)

( らばQより )ジブラルタルは、スペイン・イベリア半島の南東にある南北に長い半島である。現在はイギリス領となっている。わずか6.5キロ平米の面積に約3万人が暮らす。住民はイギリス系がもっとも多く27%。スペインやイタリア、ポルトガル系も、それぞれ10〜25%程度を占めている。経済的にはイギリス軍の...

≫続きを読む

マルタ共和国 (イギリス連邦加盟国)

( English in Maltaより )イギリス連邦加盟国に属し、地中海の中心に位置する「マルタ共和国」。観光、貿易、金融などの産業が発達しており、税金の安いタックスヘイブンとしても有名。日本人が観光はもちろん、英語留学できることでも有名。マルタ共和国のカジノライセンス料などURL:www.lg...

≫続きを読む


トップページ Vera&John W88 Casino Empire Casino お問い合わせ