ギャンブル還元率ランキング

5.エコペイズ(EcoPayz)からの出金方法

 

2018年8月6日から便利だったecoCardが使用不可になりました。

 

 

※ecopayzから下記の通知メール(2018年6月5日付け)

 

ただし、出金が出来なくなった訳ではないのでご安心を(^^

 

 

方法としては、日本の銀行へ直接出金する方法があります。

 

 

お持ちの口座で海外送金を受けつていればすぐに出金できます。

 

 

「 〇〇銀行 海外送金 受取 」などで検索すれば各銀行の出金方法が記載されているので、その通り進めて頂ければと思います。

 

 

なお、海外送金は海外取引に該当するので、普段使っている銀行で海外取引処理が可能かどうかまず確認する必要があります。

 

 

ちなみに、私は持っている銀行口座でも海外送金は可能みたいでしたが、検索しても処理方法がわかりづらかったので、新たに銀行口座を開設しました。

 

 

私のように、新たに口座を開設する場合は、三井住友銀行(SMBC)がオススメです(^^

 

 

なぜなら、ecopayzは三井住友口座からの入金も受けつけているので、入金も楽です。

 

 

また、ネットバンキングを開設したのですが、ネットバンキングならわざわざ銀行に出向く必要が無いし、手続も簡単でした(^^
(ただし、使用可能になるには1〜2週間かかるので、すぐに使いたい人は店頭手続がオススメ)

 

 

以下、銀行口座から出金まで解説していくので参考ください。
( 銀行口座開設の必要がない方は、(2)からです。 )

 

 

(1)三井住友銀行口座開設

 

HPから作業を進めていきます。

 

 三井住友銀行のHP:http://www.smbc.co.jp/kojin/open-account/
 ( 三井住友銀行のHPへ移動します。 )

 

 

 

画面の指示に沿ってポチポチしていけば簡単で、5分ぐらいで手続は完了します。

 

 

ちなみに、私は取引目的の箇所は、

  1. 外国為替取引
  2. 貯蓄/資産運用

にしました。

 

 

 

画面上での案内が丁寧でわかりやすいので、ストレスなく進めるかと思います。

 

 

繰り返しですが、このように、ネットバンキングならわざわざ銀行に出向く必要が無いし、手続も簡単です。
(ただし、使用可能になるには1〜2週間かかるので、すぐに使いたい人は店頭手続がオススメ)

 

 

 

(2)ecopayzから銀行口座へ送金

 

まず、振込先の銀行口座をエコペイズに登録します。

 

 

エコペイズのアカウントにログインして、「資金を引き出す」をクリック

 

 

 

 

必要事項を入力します。

 

 

 

なお、記載事項は、銀行及び支店ごとに異なります。

 

 

三井住友銀行の場合、「 三井住友銀行 海外送金 」で検索するとヒットするページに記載があります。

 

 

http://www.smbc.co.jp/kojin/otetsuduki/sonota/kaigai/

 

2018年6月17日時点

 

 

なお、上記画像は2018年6月17日時点のものなので、念のため下記URLで確認した方が良いと思います。
( 変わりはないとは思うのですが・・・ )

 

 

  • 銀行情報( 三井住友銀行 )

http://www.smbc.co.jp/kojin/otetsuduki/sonota/kaigai/

 

  • 各店舗( 三井住友銀行 )

http://www.smbc.co.jp/global/office/

 

 

銀行口座の登録が無事完了したら、下記画像のように登録されます。後は引き出し処理を実行するだけです。

 

当たり前ですが、銀行口座の登録作業は二回目以降の出金には必要なくなります。

 

 

 

あとは、引き出し金額を記入して「続行」をクリックするだけで完了です。

 

 

 

ちなみに、三井住友銀行での手数料はこんな感じです。 

  • 10ユーロ(ecopayz)
  • 1,500円(三井住友)

 

どこの銀行や設定でも手数料は大体3,000円くらいかかるので、5万円以上とかまとまった額の引き出しが良いかもしれませんね。
( 三井住友銀行は日本円設定で、日本円受取にしました。 )

 

 

ちなみに、私は引き出せるかをまず100ユーロで試し、無事に振込を確認した後に3,000ユーロぐらい一気に引き出しました。

 

 

 

もちろん、三井住友銀行の口座に無事入金されています。

 

 

 

 

あと、三井住友銀行の場合、後日送金明細の書類が送付され、その書類に手数料が記載されています。

 

 

以上が、ecopayzからの出金処理手順の解説です。

 

 

三井住友銀行のネットバンキングの場合、全てネット完結だったので、非常に楽でしたね(^^

 

 

あと余談ですが、ecoカードの場合出金制限があったので、3回に分けて出金したり、1日に10万円以上引き出せなかったりしたのですが、銀行振り込みだと大きく引き出せる(今回40万円)ので、それはそれで便利かもしれませんね。

 

 

また、手数料がかかる回数も減り、結果的に得してるかもしれませんね(^^

 

 

今から銀行口座を開設される方は、ぜひ参考にして下さい♪

※ecoカードは2018年8月6日より使用不可になりました。

 

「Mastercard」が利用可能なセブン銀行、ゆうちょ銀行のATMから直接勝ち金を出金できて手軽で便利だったecoカードは2018年8月6日より使用不可になります。

 

「シルバーアカウント」では、最高1回250USDまで引き出すことができ、上限回数は1日3回のため、1日750USDまで引き出し可能。

 

関連ページ

1.エコペイズ(EcoPayz)の登録/口座開設方法
「一番勝ちやすいギャンブルはどれか?」を還元率(配当)・控除率(テラ銭)のランキング形式で比較しています。
2.エコペイズ(EcoPayz)の入金方法
「一番勝ちやすいギャンブルはどれか?」を還元率(配当)・控除率(テラ銭)のランキング形式で比較しています。
3.エコペイズ(EcoPayz)クレジット/デビットカードの追加方法
「一番勝ちやすいギャンブルはどれか?」を還元率(配当)・控除率(テラ銭)のランキング形式で比較しています。
4.エコペイズ(EcoPayz)口座のアカウントアップグレード方法
「一番勝ちやすいギャンブルはどれか?」を還元率(配当)・控除率(テラ銭)のランキング形式で比較しています。
6.エコペイズ(EcoPayz)の入金出金限度額一覧
「一番勝ちやすいギャンブルはどれか?」を還元率(配当)・控除率(テラ銭)のランキング形式で比較しています。
7.エコペイズ(EcoPayz)の手数料一覧[入金出金/送金]
「一番勝ちやすいギャンブルはどれか?」を還元率(配当)・控除率(テラ銭)のランキング形式で比較しています。
※ecoカードの作成方法(2018年8月6日より使用不可)
「一番勝ちやすいギャンブルはどれか?」を還元率(配当)・控除率(テラ銭)のランキング形式で比較しています。

トップページ Vera&John W88 Casino Empire Casino お問い合わせ